映画「フォーン・ブース/PHONE BOOTH」2002

すべてはニューヨーク・ブロードウェイの電話ボックスから始まった。口先だけで世間を渡ってきたヤリ手のメディア・コンサルタント、スチュは、コール音が鳴り響く電話ボックスの電話を思わず取ってしまった。その相手は「電話を切ったらお前の命はない」と告げる。彼の胸には赤外線の標的マーク。一体なぜ自分が標的になっているのか訳も分からぬまま、彼は電話ボックスから一歩も出ることが出来なくなってしまった。そして、街の喧騒を凍り付かせる一発の銃声が轟いた。倒れる通行人、犯人に祭り上げられるスチュ……。

出演: コリン・ファレル, キーファー・サザーランド, ラダ・ミッチェル, フォレスト・ウィテカー
監督: ジョエル・シューマカー
映画「フォーン・ブース/PHONE BOOTH」2002


【つないだ瞬間から迷惑電話・FAXを強力ブロック】トビラフォン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年08月11日 00:24
声だけで登場!?と思いきや、
な、な、何というラスト…!!
面白いシチュエーションで
尺的にも良かったかなと思います。

拙ブログでの映画レビューは僅かですが
WOWOWオンラインレビューを
T-SITEにも並行して寄稿しています。

ブログにT-SITEのマイ棚バナーを
添付しておりますので
もしよろしければそちらを
クリックして戴きますと
当該作品を含む映画、および洋楽の
レビューを閲覧して戴くことが可能です。

またお立ち寄りいたします。

この記事へのトラックバック

  • ラリー・コーエンの電話関連作品

    Excerpt: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用であるが、ラリー・コーエン(Larry Cohen)は、1938年7月15日生まれのアメリカ合衆国の脚本家、プロデューサーである。低予算.. Weblog: 映画とドラマの辺 racked: 2014-08-11 18:37