パソコンの動きが急に悪くなる「タスクマネージャーのディスクメモリが100%になっている」の解決方法

パソコンの動きが急に悪くなる「タスクマネージャーのディスクメモリが100%になっている」の解決方法
パソコンは複数の作業を同時にすることができます。例えばWordで文書作成をしていて、そのバックグラウンドで、時間のかかるファイルの変換やダウンロードをすることができます。文書作成が完成したときには、もう変換もダウンロードも済んでいるという塩梅です。
ところが文書作成の作業しているときに急に動きが悪くなり、バックで聴いていた音楽も切れてしまいます。低スペックのパソコンならそれも致し方ないでしょう。同時に大きな負荷をかけてしまった結果なのですから。
以前はできていたのに、急に動きが悪くなったのなら、アップグレードなどで設定が変わってしまったと考えられます。タスクマネージャーのディスクメモリが100%近くになっていないかどうか、「スタートボタンを右クリック/タスクマネージャー」で確認してください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント