Runtime Brokerのメモリ使用量を減らす方法

Runtime Brokerのメモリ使用量を減らす方法
動きが悪いとタスマネージャーを見ていると、やたらとRuntime Brokerが多くあるのに気づく。メモリ消費の一因になっている。Runtime Brokerを右クリックして、タスクの終了をしてもきりがない。もっとほかの方法で対処するようにしましょう。
そもそもRuntime Brokerとは、ストアアプリに関連するシステムで、Windows 10のパソコンにデフォルトで搭載されています。それならいらないアプリや使わないアプリがあれば、削除してしまうとある程度解決します。
「スタート/設定/アプリ/削除するストアアプリをクリック/アンインストール」
ついでにほかのアプリも見直して、いらないものは削除しましょう。仮に「ヒントのストアアプリ」をうっかり削除したときは、検索すれば無料でまた導入することができます。


"Runtime Brokerのメモリ使用量を減らす方法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント